Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ruby」のXMLパーサーライブラリにDoS攻撃受けるおそれ

開発言語「Ruby」の一部ライブラリにサービス拒否が生じるおそれがある脆弱性が判明した。アップデートが呼びかけられている。

現地時間5月16日にアドバイザリをリリースし、「XMLドキュメント」の解析を行うライブラリ「REXML gem」の脆弱性「CVE-2024-35176」について明らかにしたもの。

「REXML gem 3.2.6」および以前のバージョンに影響があり、属性値に特定の文字を多く含む場合、解析に長時間を要するおそれがあるという。

GitHubでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「5.3」、重要度を「中(Medium)」とレーティングしている。

同脆弱性は「REXML gem 3.2.7」にて修正されており、開発者はアップデートを強く推奨している。

(Security NEXT - 2024/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
メールアカウントが乗っ取り被害、大量のスパム配信 - 三重県文化振興事業団
講演会の申込フォームの設定ミス、個人情報が閲覧可能に - お茶の水女子大
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom