Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー製法人向けルータ「VR-S1000」に複数の脆弱性

バッファローが提供する中小規模向け有線ルータ製品「VR-S1000」に複数の脆弱性が明らかとなった。脆弱性を修正したファームウェアが提供されている。

「同2.37」および以前のバージョンに、引数インジェクション「CVE-2023-46681」や、OSコマンドインジェクション「CVE-2023-45741」などあわせて4件の脆弱性が明らかとなったもの。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアを見ると、今回明らかとなった脆弱性において「CVE-2023-46681」がもっとも高く「7.8」とされており、「CVE-2023-45741」が「6.8」と続いている。

「CVE-2023-46681」についてはコマンドラインインターフェイスへアクセスできる場合に悪用が可能となる。また「CVE-2023-45741」についてはウェブ管理画面へログインする権限が必要だという。

脆弱性について報告を受けたバッファローではこれら脆弱性を修正したファームウェア「同2.42」を公開。最新版へアップデートするよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ