Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検診サービスのストレスチェックで診断結果を別人に

労働者健康保持増進サービスを展開する岡山県の淳風会は、岡山県教育委員会の教職員に実施したストレスチェック診断において、別人の診断結果を誤って提示したことを明らかにした。

同診断にて高いストレスがあると診断された場合、医師による面談指導を受けることができるが、12月18日に実施した面談において、別人の診断結果が表示された画面を誤って提示するミスがあったという。画面には氏名や所属、心理的なストレスの度合いなどが表示されていた。

面接指導を受けた教職員から、氏名が間違っているとの指摘があり判明した。対象となる教職員には、経緯の説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2023/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加