Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC製クラスタリングソフト「CLUSTERPRO X」に複数の脆弱性

NECが提供するクラスタリングソフトウェア「CLUSTERPRO X」に複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品においてクラスタの運用管理をブラウザより行う「Cluster WebUI」や「WebManager」にあわせて5件の脆弱性が明らかとなったもの。

「CVE-2023-39544」は、権限のチェックが欠如しており、ログイン可能な場合に任意のコマンドを実行されるおそれがある脆弱性。一方「CVE-2023-39548」はアップロードファイルの検証に不備があり、管理者権限でスクリプトを実行されるおそれがある。

さらにログイン可能な場合に認証情報を含むファイルをAPI経由で取得される脆弱性「CVE-2023-39545」、「リプレイ攻撃」により認証を回避され、構成ファイルなどを取得される「CVE-2023-39547」のほか、「Pass The Hash攻撃」を受けるおそれがある「CVE-2023-39546」などが判明している。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、今回判明した脆弱性においてもっとも高い「CVE-2023-39544」が「8.8」、「CVE-2023-39548」が「8.1」で続く。他脆弱性に関しても「7.8」から「7.4」のレンジに入っている。

同脆弱性は、Videotron David Levard氏がNECへ報告したもので、製品利用者へ周知するために同社がJPCERTコーディネーションセンターへ報告。公開にあたり調整が実施された。

Windows版、Linux版のいずれも影響があり、同社は「CLUSTERPRO X 5.1.2」「同SingleServerSafe 5.1.2」にて脆弱性を修正。あわせて脆弱性の緩和策などをアナウンスしている。

(Security NEXT - 2023/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性