Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Python向けライブラリ「gevent」に脆弱性 - アップデートを

非同期のネットワーク処理などを実装できるPython向けライブラリ「gevent」に脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

細工したスクリプトによりリモートから権限の昇格が可能となる脆弱性「CVE-2023-41419」が明らかとなったもの。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

開発グループでは9月1日にリリースした「同23.9.0」にて同脆弱性を修正した。ただし、NVDやPython Package Indexのセキュリティアドバイザリでは、9月12日にリリースされた「同23.9.1」にて修正済みとの記載となっている。

(Security NEXT - 2023/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース