Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小中学校6校で指導要録の紛失が判明 - 西宮市

兵庫県西宮市は、市立小中学校6校において、指導要録の紛失が判明したことを明らかにした。

同市教育委員会によれば、市立小中学校6校において、あわせて1522人分の指導要録を紛失していることが判明したもの。

指導要録には、児童生徒の氏名、生年月日、性別、保護者の氏名、入学および卒業年月日などが記載されており、20年間保存することが定められている。

小学校1校において、2003年度から2010年度までの指導要録が所在不明であることが判明。8月16日に教育委員会へ報告があったことを受け、市内校において調査を実施したところ、あわせて6校において紛失が判明した。

校内を探索したが見つかっておらず、同市教委では、文書の管理状況や紛失した経緯など調査を進めている。対象となる生徒の保護者に連絡を取るとともに、各校のウェブサイトで経緯の説明を行った。

(Security NEXT - 2023/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
県立高で生徒と保護者の画像含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応