Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ

仮設機材の製造や販売を手がけるタカミヤは、同社や子会社がランサムウェアの感染被害に遭ったことを明らかにした。データを暗号化され、外部に流出した可能性があるとして詳細を調べている。

同社によれば、2022年12月15日に業務システムでアクセス障害を確認。調査を行ったところ、ランサムウェア「LockBit」に感染し、同社や子会社が利用するサーバ内のデータが暗号化されたことが判明した。

対象となる子会社は、キャディアン、トータル都市整備、青森アトム、エコ・トライ、タカミヤの愛菜、八女カイセー、イワタ、ヒラマツ、ナカヤ機材の9社。

攻撃者は、同社のベトナム拠点に不正アクセスを行った上で同社グループの社内サーバに侵入。ランサムウェアを実行してファイルの暗号化を行ったと見られる。

1月7日に同社グループに対して攻撃者を名乗るメールを受信。攻撃者のリークサイトに同社名が掲載されていることを確認した。

(Security NEXT - 2023/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 脆弱性9件を解消
PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県