Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

胃がん検診票が所在不明、郵便局に受領データなし - 相模原市

神奈川県相模原市は、個人情報含む胃がん検診票が所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、検診を実施した医療機関が市医師会へ提出する検診票56人分を紛失したもの。検診票には受診者の氏名、住所、電話番号、生年月日、既往歴、検診結果などが記載されている。また、検診結果を一覧にした実施結果票6枚もあわせて所在がわからなくなっている。

2022年12月26日に市医師会に検診票が届いていないことから医療機関に確認したところ、同月7日に検診票を封入した郵便をレターパックライトにより投函したという。

郵便局に発送状況を確認したところ、検診票を受け付けたデータがなかった。医療機関と郵便局で調査を行っているが、発見されていない。市医師会では同月27日に同市へ紛失を報告した。

同市では、対象となる受診者に対し説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2023/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業