Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Aruba製アクセスポイントに複数の深刻な脆弱性

Hewlett Packard Enterprise傘下のAruba Networksが提供するアクセスポイントに複数の脆弱性が明らかとなった。深刻な脆弱性が複数含まれる。

「Aruba InstantOS」「ArubaOS 10」が稼働するアクセスポイントにあわせて13件の脆弱性が明らかとなったもの。

具体的にはPAPIプロトコルの処理にバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2022-37885」「CVE-2022-37886」「CVE-2022-37887」「CVE-2022-37888」「CVE-2022-37889」が判明した。バグバウンティプログラムを通じて報告されたもので、細工したパケットを送信することでリモートよりコードを実行することが可能だという。

またウェブ管理インタフェースにバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-37890」「CVE-2022-37891」が存在。OS上で認証なしにリモートより任意のコマンドを実行されるおそれがある。

これら脆弱性は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」においてベーススコアが「9.8」とレーティングされており、いずれも重要度は「クリティカル(Critical)」と評価されている。

(Security NEXT - 2022/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能