Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Aruba製アクセスポイントに複数の深刻な脆弱性

Hewlett Packard Enterprise傘下のAruba Networksが提供するアクセスポイントに複数の脆弱性が明らかとなった。深刻な脆弱性が複数含まれる。

「Aruba InstantOS」「ArubaOS 10」が稼働するアクセスポイントにあわせて13件の脆弱性が明らかとなったもの。

具体的にはPAPIプロトコルの処理にバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2022-37885」「CVE-2022-37886」「CVE-2022-37887」「CVE-2022-37888」「CVE-2022-37889」が判明した。バグバウンティプログラムを通じて報告されたもので、細工したパケットを送信することでリモートよりコードを実行することが可能だという。

またウェブ管理インタフェースにバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-37890」「CVE-2022-37891」が存在。OS上で認証なしにリモートより任意のコマンドを実行されるおそれがある。

これら脆弱性は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」においてベーススコアが「9.8」とレーティングされており、いずれも重要度は「クリティカル(Critical)」と評価されている。

(Security NEXT - 2022/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道