Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か

障害者向けの就労支援サービスを手がけるLITALICOおよびLITALICOパートナーズは、サイバー攻撃により一部データがランサムウェアにより暗号化されたことを明らかにした。

両社によれば、6月20日にサイバー攻撃を受けたことを確認し、調査を行ったところ、社内のサーバが第三者よりアクセスされ、「Phobos」の亜種と見られるランサムウェアによって一部データを暗号化されたことが判明したという。

6月24日の時点で個人情報の外部流出は確認されていないと説明。業務の遂行にあたり影響も生じていないとしている。

同社では警察へ報告。被害が拡大しないよう対策を講じた上で外部事業者をまじえて調査を進めている。調査結果が判明次第、公表する予定。

(Security NEXT - 2022/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も