Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を

「Apache Tomcat」のクラスタリングに関して、一部ドキュメントに誤った記載があり、セキュリティ上のリスクが生じるおそれがあることがわかった。

「EncryptInterceptor」に関する記載に誤りが判明したもの。信頼できないネットワーク上でのクラスタリングにおいて、機密性と整合性を確保できるものの、サービス拒否など一部リスクが存在するという。

今回の問題では「CVE-2022-29885」が採番されており、開発チームでは、重要度を「低(Low)」とレーティング。「Apache Tomcat 10.1.0-M15」「同10.0.21」「同9.0.63」「同8.5.79」にて記載を訂正した。

完全な保護を必要とする場合は、クラスタリングにおける通信にVPNを活用するなど対策を講じる必要があるとして開発チームは注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - PayPayカード
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社