Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃被害の情報共有に向けて検討会 - 政府

総務省、経済産業省、警察庁、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、サイバー攻撃の被害組織が、被害に関連する情報を共有、公表するためのガイダンス策定に向けて検討会を開催する。

サイバーセキュリティ協議会に「サイバー攻撃被害に係る情報の共有・公表ガイダンス検討会」を設置し、サイバー攻撃を受けた組織が、共有する情報の内容、タイミング、対象者など実務上参考となるガイダンスについて検討するもの。

セキュリティ関係組織と被害情報を共有することは、被害組織や社会にとって有益である一方、社会的評価への影響から慎重な姿勢の組織も多いとして、被害組織の立場にも配慮しつつ、組織を特定せずに公表できる技術情報の整理などを含めて検討を進める。

今後2022年中に検討会を3回程度開催し、論点整理を経てガイダンス案を決定する予定。

(Security NEXT - 2022/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市