Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」感染でなりすましメール出回る - サガン鳥栖

プロサッカークラブのサガン鳥栖は、スタッフのパソコンがマルウェア「Emotet」に感染し、なりすましメールが送信されていることを明らかにした。

同クラブによれば、3月28日にスタッフを装ったなりすましメールが送信されていることを確認したもの。翌29日に全端末でマルウェアの感染状況を調べたところ、スタッフのパソコン1台からマルウェア「Emotet」が検出された。

同クラブでは感染端末をネットワークから遮断してマルウェアの駆除を実施。同クラブやクラブスタッフを送信元として名乗るメールを受信した場合は、送信元のメールアドレスのドメインが「@sagandreams.co.jp」であるか確認して、異なる場合はメールを削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞