Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル

医薬品臨床開発の支援事業を展開するリニカルは、同社サーバが第三者によりアクセスされた形跡を確認したことを明らかにした。原因や被害状況について調査を進めている。

同社によれば、10月3日23時過ぎにサーバに対して第三者によりアクセスが行われた形跡を確認。サーバを一時停止するとともに、翌4日より原因究明、被害の詳細など調査を進めている。

10月5日の時点で、クライアント端末やメールサーバに関しては、不正アクセス、マルウェア感染の被害は確認されていないと説明。調査結果については、判明次第、報告したいとしている。

(Security NEXT - 2021/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学