Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開

三越伊勢丹グループのクレジットカード「エムアイカード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会では、注意を呼びかけている。

同カードを発行するエムアイカードを装い、「本人の利用であるか確認したい取り引きがある」などとメールでだまして偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されたもの。回答しないとクレジットカードの利用制限が継続されるなどと不安を煽っていた。

誘導先のフィッシングサイトとして、少なくとも14件のURLが利用されており、そのうち13件と大半で「HTTPS」を指定していた。

6月15日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ビックカメラ」からの「異常通知」装うフィッシング攻撃
「支援金5万円」とだますフィッシング - 偽マイナポータルへ誘導
「口座が凍結されました」 - ゆうちょ銀装うフィッシングに注意
「マネロンのおそれ、対応しないと法的措置」と脅すフィッシング
「給付金に関するお知らせ」などと内閣府かたる詐欺メール
「dカード」利用者を狙う偽メール - 架空の利用照会など複数文面で
「メルカリ」利用者狙うフィッシング - 本人確認サービスへ誘導
「Apple」かたるフィッシング攻撃の報告が増加
「滞納した税金がある」などと不安を煽るフィッシング攻撃
災害に便乗する「なりすましメール」に注意呼びかけ - 日本赤十字