Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 14.4」および「iPadOS 14.4」をリリースした。複数のゼロデイ脆弱性に対応した。

今回のアップデートでは、悪意あるアプリにおいて権限の昇格が生じるカーネルの脆弱性「CVE-2021-1782」に対処。またリモートよりコードを実行されるおそれがある「WebKit」の脆弱性「CVE-2021-1870」「CVE-2021-1871」を解消した。

同社では、いずれの脆弱性も悪用されたとの報告を認識しているという。脆弱性の判明を受け、「watchOS 7.3」「tvOS 14.4」においても「CVE-2021-1782」の修正を実施している。

(Security NEXT - 2021/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性