Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響

Facebook傘下のWhatsAppが提供するメッセンジャーアプリ「WhatsApp」のiOS版に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性へ対処したアップデートが提供されている。

iOS向けに提供している「WhatsApp」「WhatsApp Business」において、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-1909」や認証の回避が可能となる「CVE-2020-1908」が明らかとなったもの。

「CVE-2020-1909」は、ログの記録に用いるライブラリに起因する脆弱性。ビデオ通話を保留中にアニメーションステッカーを受信するなど特定条件が揃った際に影響があり、悪用されるとメモリ破壊が生じてクラッシュし、コードを実行されるおそれがある。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9.8」、「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

また「CVE-2020-1908」では、画面がロックされた状態においても、「Siri」を使用して同アプリにアクセスが可能となるという。「NVD」による「CVSS」のスコアは提供されていない。

同社はこれら脆弱性の判明を受けて、脆弱性を修正した「同2.20.120」をリリースした。

(Security NEXT - 2020/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ
Zohoの複数ネットワーク監視製品にRCE脆弱性
「EC-CUBE」や公式プラグインに脆弱性 - バグバウンティ契機に発見
米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す