Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL 1.1.1e」がリリース、バグや脆弱性を修正

OpenSSLの開発チームは、バグや脆弱性の修正を実施した「OpenSSL 1.1.1e」を公開した。

今回のアップデートでは、脆弱性「CVE-2019-1551」に対処した。一部処理でオーバーフローが生じるもので、重要度は4段階中もっとも低い「低(Low)」とレーティングされている。

同脆弱性は、2019年12月初旬のセキュリティアドバイザリで公表されたが、影響が小さいとして開発チームでは次期アップデートで対処する方針を示していた。

同脆弱性は、「同1.0.2」にも含まれるが、サポート終了日を2019年12月31日に控えていたことから、2019年12月20日にリリースされた「同1.0.2u」で修正されている。

(Security NEXT - 2020/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正
グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正