Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL 1.1.1e」がリリース、バグや脆弱性を修正

OpenSSLの開発チームは、バグや脆弱性の修正を実施した「OpenSSL 1.1.1e」を公開した。

今回のアップデートでは、脆弱性「CVE-2019-1551」に対処した。一部処理でオーバーフローが生じるもので、重要度は4段階中もっとも低い「低(Low)」とレーティングされている。

同脆弱性は、2019年12月初旬のセキュリティアドバイザリで公表されたが、影響が小さいとして開発チームでは次期アップデートで対処する方針を示していた。

同脆弱性は、「同1.0.2」にも含まれるが、サポート終了日を2019年12月31日に控えていたことから、2019年12月20日にリリースされた「同1.0.2u」で修正されている。

(Security NEXT - 2020/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局