Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DellのNAS向けOSに脆弱性 - クラスター制御失うおそれ

Dell EMCのネットワークストレージ製品向けオペレーティングシステム「Dell EMC Isilon OneFS」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

「SyncIQ」による同期において暗号化していない場合、認証の不備があり、不正アクセスを受けてクラスターの制御を失うおそれがある脆弱性「CVE-2020-5328」が明らかとなったもの。

共通脆弱性評価システムである「CVSSv3.1」のスコアは「9.8」で、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社によると、脆弱性は「同8.2.2」までのバージョンに含まれるが、「同8.2.0」以降では「SyncIQ」の暗号化を有効化することで脆弱性の影響を回避できるという。あわせて「SyncIQ」の無効化といった回避策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2020/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正
グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正