Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒や保護者の個人情報含むファイルを誤掲載 - 滋賀県日野町

滋賀県日野町は、特別支援教育就学奨励費の申請に関わる児童や生徒と保護者の個人情報を含むファイルを、誤ってウェブサイトに掲載したことを明らかにした。

同町によれば、12月17日14時ごろから翌18日12時ごろにかけて、特別支援教育就学奨励費の申請手続きに必要な購入物品報告書のファイルに、個人情報が添付されており、公開されていたもの。閲覧者から連絡があり、問題が判明した。

2016年度の特別支援教育就学奨励費の申請に関わる児童や生徒30人や、保護者26人に関する個人情報を含む名簿で、氏名や住所、学校名、学年などが記載されていた。

従来はPDFファイルで掲載していたが、今回表計算ファイルで掲載したところ、ファイル内に複数のシートが存在することに気づかず、そのままサイトに公開してしまったという。

同町では対象となる生徒や保護者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委