Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PHP」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正

PHPの開発チームは、複数の脆弱性へ対処した「PHP 7.4.1」「同7.3.13」「同7.2.26」をリリースした。セキュリティアップデートと位置付けられている。

今回のアップデートは、系統によって修正内容に差異があるが、コア部分における複数の関数をはじめ、EXIF処理や任意精度数学関数などで明らかとなった複数の脆弱性へ対処したもの。

画像処理モジュールなどをはじめ、マイナーなバグの修正もあわせて実施した。開発チームでは、各系統の利用者に対し、最新版へアップデートを推奨している。

なお、「同7.1」に関しては、2019年12月1日にサポートが終了した。今回のセキュリティアップデートについても用意されておらず、注意が必要。

(Security NEXT - 2019/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開