Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発

パナソニックとトレンドマイクロは、自動車分野のセキュリティソリューションを共同で開発することで合意した。

自動運転やコネクテッドカーに対する攻撃の検出や攻撃を防ぐソリューションを共同で開発するもの。2020年以降のサービス実用化を視野に入れている。

具体的には、パナソニックのCAN侵入検知や防御技術を監視ECUなどに実装し、ECUに対する不正コマンドを検知。車載インフォテインメント機器(IVI)にトレンドマイクロのIoT機器向けソリューション「Trend Micro IoT Security」を実装。インターネット経由の攻撃パケットを検知する。

またこれら検知ログを監視クラウド上の解析プラットフォームに収集。解析情報をもとに不審な通信の検知や防御などに活用するとしており、車両からクラウドまで含めたソリューションの提供を目指している。

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
顧客個人情報を同意を得ずトヨタへ提供 - トヨタ車ディーラー
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
自動車産業「Japan Automotive ISAC」が発足
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明