Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発

パナソニックとトレンドマイクロは、自動車分野のセキュリティソリューションを共同で開発することで合意した。

自動運転やコネクテッドカーに対する攻撃の検出や攻撃を防ぐソリューションを共同で開発するもの。2020年以降のサービス実用化を視野に入れている。

具体的には、パナソニックのCAN侵入検知や防御技術を監視ECUなどに実装し、ECUに対する不正コマンドを検知。車載インフォテインメント機器(IVI)にトレンドマイクロのIoT機器向けソリューション「Trend Micro IoT Security」を実装。インターネット経由の攻撃パケットを検知する。

またこれら検知ログを監視クラウド上の解析プラットフォームに収集。解析情報をもとに不審な通信の検知や防御などに活用するとしており、車両からクラウドまで含めたソリューションの提供を目指している。

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
2度にわたりメール誤送信、メアド流出 - 日の丸自動車学校
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省