Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Symantecの「SSL Visibility Appliance」に問題 - 接続先サーバがサービス拒否に陥るおそれ

Symantec(旧Blue Coat)製アプライアンス「SSL Visibility Appliance」に、サービス拒否が生じる脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品は、SSL通信を可視化するアプライアンス製品。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、特定のウェブブラウザからHTTPSリクエストに対し、誤ったRSTパケットを生成する脆弱性「CVE-2016-10259」が存在するという。

そのため通信先のサーバにおいてセッションを適切に終了できず、TCP接続を維持してしまい、同サーバがサービス拒否に陥るおそれがある。

同脆弱性は、NTT-MEが情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。Symantecでは、脆弱性を修正した「同3.11.3.1」を公開した。「同4.0」は影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2017/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正