Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、2017年1月に都内でシンポジウムを開催 - ゲームを用いたワークショップも

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「Network Security Forum 2017」を、2017年1月23日に都内で開催する。

同イベントは、セキュリティに関心を持つ人を対象としたシンポジウム。基調講演は、奈良先端科学技術大学院大学教授の門林雄基氏。2016年を振り返って目標とのギャップ分析を行い、今後取り組むべきアジェンダと協力の枠組みについて語る。

またDeNAのシステム本部セキュリティ部部長である茂岩祐樹氏が、経営に求められるセキュリティの在り方をテーマに特別講演を行うほか、JNSAの活動報告や、脅威予測を議題としたベンダーによるパネルディスカッションを予定。「セキュリティをゲームで学ぼう!」といったワークショップも用意されている。

会場はベルサール八重洲。参加費は無料で事前申込が必要。同協会のウェブサイトから受け付ける。2トラック構成で定員は各トラックごとに150人。参加には事前登録が必要。詳細や申し込みは同イベントのページから。

(Security NEXT - 2016/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
サーバ管理ソフトウェア「Froxlor」にXSS脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
CrowdStrike、「Microsoft Defender」との併用製品を投入 - 「破格の料金」と自信
MS 365アカウントに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - セガ子会社
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正した。