Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 10.1」をリリース - 脆弱性12件を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 10.1」をリリースした。機能強化にくわえ、複数の脆弱性を解消している。

20161025_ap_001.jpg
脆弱性が修正された「iOS 10.1」

同社は、今回のアップデートにおいて、「カメラや写真」「Apple Pay」「マップ」「メッセージ」における機能の改善を実施。

さらにカーネルに関する脆弱性をはじめ、システムブートやサンドボックス、Webkitのほか、CVEベースであわせて12件の脆弱性を修正した。

「iOS 10.1」で修正される脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-7579
CVE-2016-4686
CVE-2016-4673
CVE-2016-4635
CVE-2016-4660
CVE-2016-4680
CVE-2016-4679
CVE-2016-4675
CVE-2016-4664
CVE-2016-4665
CVE-2016-4669
CVE-2016-4677

(Security NEXT - 2016/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に