Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

分譲マンションの顧客情報を記載した書類が盗難 - ワールド・エステート

マンションの販売や不動産仲介業を展開するワールド・エステートは、従業員が車上荒らし被害に遭い、顧客情報86件が記載された書類を盗まれたと発表した。

5月29日深夜、従業員が車両を一時的に離れた際、窓ガラスが割られ車内に置いていた鞄が盗まれたという。鞄には、分譲マンション「ヴィフ江坂垂水町」の顧客86件の氏名や年齢、勤務先名などが記載された書類が入っていた。

同社では、対象となる顧客に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
飲食店で預けた鞄が別人の手に - 個人情報が所在不明
委託先従業員が顧客情報含む帳票を紛失 - 住宅設備機器メーカー
管理マンション居住者の個人情報含む名簿を紛失 - 東急不動産グループ会社
顧客情報3018件の外部流出が判明 - スカイコート