Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

世界女子カーリング大会のサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染の可能性

札幌市が運営する「JA全農 世界女子カーリング選手権札幌大会 2015」の公式サイトが不正アクセスを受け、改ざんされていたことがわかった。現在、復旧作業を進めている。

同市によれば、2月14日13時半過ぎに不正アクセスがあり、2日後の16日13時半ごろにウェブサイトが改ざんされたという。同日15時に職員がサイトを更新した際に被害へ気が付き、16時にサイトを停止した。

改ざんされたのは、チケットの一般販売に関するページで、クリックすると関係ない不審なファイルがダウンロードされるおそれがあった。現在、ファイルについては詳細を調べている。期間中のアクセス件数は55件で、心当たりがある利用者に対して、マルウェアへ感染していないかチェックするよう同市では呼びかけている。

また今回不正アクセスを受けたサイトは個人情報も保存されていたという。同市では流出した痕跡は確認されていないという。また、同市公式サイトに関しては、別のサーバで運用しており、不正アクセスの影響はないとしている。

(Security NEXT - 2015/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
保護動物情報を掲載する山口県動物愛護センターのサイトが改ざん
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
手芸用品通販サイトに不正アクセス - 社内ネットワーク経由でサイト改ざん