Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、技術情報防衛シンポジウムを都内で開催

情報処理推進機構(IPA)は、1月27日に「第2回技術情報防衛シンポジウム」を都内で開催する。

同シンポジウムは、近年企業において技術情報流出が問題化していることを受け、営業秘密の保護や内部不正対策などをテーマに、有識者による講演やパネルディスカッションを予定している。

定員は250名で参加費は無料だが、ウェブサイトより事前登録する必要がある。イベントの詳細や申し込みはイベントのページから。

(Security NEXT - 2015/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件