Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、技術情報防衛シンポジウムを都内で開催

情報処理推進機構(IPA)は、1月27日に「第2回技術情報防衛シンポジウム」を都内で開催する。

同シンポジウムは、近年企業において技術情報流出が問題化していることを受け、営業秘密の保護や内部不正対策などをテーマに、有識者による講演やパネルディスカッションを予定している。

定員は250名で参加費は無料だが、ウェブサイトより事前登録する必要がある。イベントの詳細や申し込みはイベントのページから。

(Security NEXT - 2015/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
2024年1Qの脆弱性届け出は243件 - 前四半期比約2割減
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超
個情委、「LINE」情報漏洩でLINEヤフーに勧告 - 「ヤフオク!」に関する指導も
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
総務省、LINEヤフーに行政指導 - 「電気通信事業全体の信頼を損なった」
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委