Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産経新聞、健康情報サイトを閉鎖 - 不正アクセスによる改ざんの可能性

産業経済新聞社は、同社が運営するウェブサイト「産経ヘルス」が、不正アクセスにより改ざんされた可能性あるとして、サイトを一時閉鎖した。

改ざんされた可能性がある「産経health」は、医療や健康に関する情報を提供しているウェブサイト。外部からの不正アクセスにより、サイトを書き換えられた可能性が高いという。

同社では29日にサイトを閉鎖。原因や被害状況について調査を行っており、30日の時点では「サーバメンテナンス中」となっている。

(Security NEXT - 2014/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
豆煎餅など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性