Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産経新聞、健康情報サイトを閉鎖 - 不正アクセスによる改ざんの可能性

産業経済新聞社は、同社が運営するウェブサイト「産経ヘルス」が、不正アクセスにより改ざんされた可能性あるとして、サイトを一時閉鎖した。

改ざんされた可能性がある「産経health」は、医療や健康に関する情報を提供しているウェブサイト。外部からの不正アクセスにより、サイトを書き換えられた可能性が高いという。

同社では29日にサイトを閉鎖。原因や被害状況について調査を行っており、30日の時点では「サーバメンテナンス中」となっている。

(Security NEXT - 2014/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
保護動物情報を掲載する山口県動物愛護センターのサイトが改ざん
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
手芸用品通販サイトに不正アクセス - 社内ネットワーク経由でサイト改ざん