Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月のMS月例パッチ、「緊急」2件を含む9件 - 夏季休暇中の公開に注意を

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラム9件を、8月13日に公開するとの事前予告を行った。夏季休暇と重なる組織は注意が必要だ。

20140808_ms_001.jpg
公開予定のアップデート(表:日本MS)

4段階中もっとも深刻度の高い「緊急」にレーティングされているアップデートは2件を予定。「Windows」および「Internet Explorer」の脆弱性に対応する。脆弱性が悪用されると、リモートでコードを実行されるおそれがあるという。

のこる7件のプログラムは、2番目に深刻度が高い「重要」のプログラム。「Windows」「Office」「サーバ関連」「.NET Framework」などの脆弱性を解消する予定。

(Security NEXT - 2014/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正