Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登山者SNSサイト「ヤマレコ」が改ざん - IE狙うゼロデイ攻撃

登山記録などを共有できる登山者向けコミュニティサイト「ヤマレコ」が、不正アクセスにより改ざんされていたことがわかった。IEの未修正の脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃と見られ、閲覧によりマルウェアへ感染する可能性があった。

同サイトを運営するヤマレコによれば、2月24日2時から同日12時にかけて改ざんされた状態となったもの。さらに同日16時から20分間にわたり再度、改ざん被害が発生している。

「Javascriptファイル」が改ざんされ、不正ファイルを読み込ませる「iframeタグ」が挿入された。さらにサーバ上へマルウェアに感染したファイルを設置されたという。今回の改ざんは、IEにおける未修正の脆弱性「CVE-2014-0322」を狙った攻撃と見られ、期間中にサイトを閲覧した場合、マルウェアへ感染する可能性があった。

同社では、外部からログインされた形跡などは発見されておらず、ウェブアプリの脆弱性が利用された可能性があるとしつつも、情報が少なく、不正アクセスの経路や方法について特定することができない可能性もあるとしている。

また対策として、不正アクセスへの対策としてアクセス制限やアプリケーションのアップデート、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の導入など実施したという。

個人情報の漏洩やデータベースの不正操作については、確認されていない。同社では、心当たりがある利用者へマルウェアへ感染していないか確認するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2014/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追