Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本発の国際会議「CODE BLUE」が2014年2月に開催 - 論文と参加登録を受付開始

情報セキュリティに特化した日本発の国際会議「CODE BLUE」が、2月に都内で開催される。CODE BLUE事務局では、参加登録と論文の受付を11月8日より開始する。

20131105cb_001.jpg

同イベントは、トップクラスの専門家が参加する情報セキュリティの国際会議。最新の情報セキュリティに関する研究について講演が予定されている。また日本発の会議として、国内の優秀なセキュリティ研究について発信する場を提供。共同研究や事業提携、専門家のリクルーティング、国際的コミュニティの形成などの促進なども目指している。

基調講演には、米国土安全保障省(DHS)のアドバイザリーボードやICANNの最高セキュリティ責任者を務め、Black HatやDEFCONなどセキュリティ専門家のイベントを立ち上げたJeff Moss氏を招く予定。また米海軍大学校上級講師を務め、CTFの運営に携わってきたChris Eagle氏により、セキュリティコンテストによる人材育成をテーマとした講演を予定している。

会議の日程は、2014年2月17日と18日の2日間で会場は御茶ノ水ソラシティ。定員は200名。通常料金は、3万5000円。1月5日までは早期割引(3万円)にて提供する。また2月1日以降、および当日は料金が異なるため注意が必要。

(Security NEXT - 2013/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大