Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非正規品の「Office」によるトラブルが増加 - マルウェア混入リスクも

海賊版の「Office」と気が付かずに購入し、トラブルに巻き込まれるケースが増えているとして、日本マイクロソフトが注意を呼びかけている。

同ソフトの海賊版などが正規ルート以外のマーケットプレイス、オークションなどを通じて販売されているもの。なかには大手ショッピングモールなどでも堂々と販売されているケースがあり、「正規版」を強調しつつも、通常の価格に比べ、極端に安い価格で販売されているという。

最新のOfficeは、マイクロソフトや正規販売代理店のサイトからダウンロードするしくみ。製品にメディアが添付されていたり、正規ルート以外からダウンロードする場合は、非正規品であると同社は説明している。

またこうした非正規品は、一般消費者向けに提供されていない「Office Professional Plus」や、日本国内向けに販売されていない「Office Home and Student」「Office 365 Home Premium」のほか、「他言語版」「OEM版」」「DSP版」などと称して販売されていた。

非正規品は、「インストールできない」「認証できない」といったトラブルにくわえ、購入時の個人情報が悪用される、提供されたソフトウェアにマルウェアが混入しているといったリスクがあると同社では問題を指摘。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
海賊版対策で啓発漫画16作品を順次公開 - 経産省
海賊版サイトへのアクセス抑止策に関する報告書 - 総務省
海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
ユーロポール、海賊版販売ドメイン3万3654件を押収 - 仮想通貨など100万ユーロを凍結
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調