Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宮崎県の農業向け気象情報サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

宮崎県と宮崎地方気象台が連携して運営する気象情報サイト「宮崎農業気象Web Service」が改ざんされ、閲覧することによりマルウェアへ感染する可能性があったことがわかった。

改ざんにより、宮崎県の農業に関する気象データを提供している同サイトへマルウェアが仕掛けられたもの。1月13日19時半過ぎに改ざんが発生し、システム管理委託先より17日に同県へ連絡があり問題が発覚した。同日10時半過ぎにサイトを一時停止して修復を行い、同日22時に再開している。

改ざんされたページへアクセスした場合、マルウェアに感染するおそれがあった。感染した場合、ウイルスが感染したなどと英語のメッセージを表示。偽セキュリティ対策ソフトの購入を迫り、クレジットカード情報を詐取しようとするほか、他ソフトも使用できなくなる。

同県では、改ざんされてから閉鎖されるまでの期間中に同サイトへアクセスした利用者に対し、パソコンの電源を落として、同県の農政水産部営農支援課普及企画担当へ連絡を取るようアナウンスしている。また今回の改ざんによる同県の公式サイトに対する影響はなかった。

(Security NEXT - 2013/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害