Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで閲覧者に「Gumblar」感染の可能性 - 燦HD子会社

燦ホールディングスの子会社で葬祭サービスを提供するタルイのウェブサイトが改ざんされ、閲覧によりウイルスへ感染するおそれがあったことがわかった。すでに修正は終えているという。

タルイが運営する企業サイト内の全ページが不正アクセスにより改ざんされたもので、11月25日5時過ぎからサイトを一時停止した30日16時までの間に閲覧した場合、ウイルス「Gumblar」に感染する可能性があったという。

同社では、改ざんされたファイルを削除し、再度正常なファイルをアップロードし、同日20時にサイトの修正を終えている。改ざん期間中に558件のアクセスがあったとして、同社では心当たりがある利用者に対し、オンラインスキャンなどを用いてウイルスに感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
特別な「アノニマス対策」は不要、普段から基本的な対策を
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
ファッション通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用か
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性