Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2週間経過するも「MasterCard」装うフィッシング攻撃が継続して発生中

フィッシング対策協議会は、9月20日に確認された「MasterCard」を装うフィッシング攻撃が、引き続き稼働中であるとして、注意喚起を行った。

110920ph_01.jpg
フィッシング対策協議会が確認した偽サイト

問題のフィッシングメールは、「MasterCard Alert」「MasterCard Account Holder」をはじめ、複数の件名で送信されている。

メールの本文は英文で、「クレジットカードを引き続き利用するために、アカウントのアップデートが必要」などと騙し、フィッシングサイトへ誘導。サイト上で個人情報やカード情報を入力させる。

同協議会では、9月20日に攻撃報告を受け、閉鎖に向けた対策を展開しているが、10月3日に同様の攻撃を確認したとして注意喚起をあらためて実施した。フィッシングサイトのURLは、14件が確認されている。

同協議会では、フィッシングメールに記載されているURLへアクセスしたり、誤って個人情報を提供しないよう注意を呼びかけるとともに、類似した攻撃を発見した場合は、同協議会へ連絡してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2011/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を