Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本書籍出版協会ら4団体、アップルに海賊版電子書籍への対策を要請

日本書籍出版協会ら4団体は、アップルのオンラインストア「App Store」において、小説や漫画などを無断で電子化したアプリが流通しているとして、同社に情報開示や防止策の構築などを求める要請を行った。

同ストアでは、村上春樹氏の「1Q84」をはじめ、小説や漫画の海賊版など出回っていることから、日本書籍出版協会、日本雑誌協会、日本電子書籍出版社協会、デジタルコミック協議会ら4団体が対応を求めたもの。

4団体によれば、削除要請が行われ一部が削除されたものの、大半が依然として配信されているという。4団体は、作品の著者や出版社以外がアプリを提供している場合は、違法である可能性が高く、著作権侵害をチェックできる指摘。

また海賊版提供者は確信犯で権利処理の意志はなく、著作権を侵害したアプリの配信は、著作権侵害の幇助であり、違法行為であると主張している。

また、同社は海賊版に対する削除要請窓口および削除手順も公表しておらず、これまで削除の判断基準も不明瞭であると批判。違法著作物の販売で利益を得ているとして、これら情報の開示など求めている。

(Security NEXT - 2010/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
海賊版対策で啓発漫画16作品を順次公開 - 経産省
海賊版サイトへのアクセス抑止策に関する報告書 - 総務省
海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
ユーロポール、海賊版販売ドメイン3万3654件を押収 - 仮想通貨など100万ユーロを凍結
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調