Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

原子燃料リサイクル施設の研修施設サイトが改ざん被害

青森原燃テクノロジーセンターのウェブサイトにおいて、「Gumblar」による改ざん被害が発生していたことがわかった。

サイトの管理を行っていた委託先「オラネット」のパソコンにウイルスが感染し、青森原燃のサイトが1月7日に改ざんされたもの。7日にすべてのページが改ざんされ、同日中に修正を行ったが、会社案内ページなど一部のページは、13日まで改ざんされた状態だったという。

改ざんされたページを閲覧した場合、不正サイトへ誘導されたり、偽セキュリティ対策ソフトがインストールされる可能性があり、同社では利用者へ謝罪した。

(Security NEXT - 2010/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も