Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「行政苦情110番」に誤って相談内容や個人情報が流れる - 総務省

総務省は、「行政苦情110番」において相談内容や個人情報が外部へ流出する事故が5月24日に発生したことを明らかにした。

兵庫行政評価事務所で留守電に録音された相談内容を誤って「行政苦情110番」に流したもの。匿名による相談内容4件が流出し、一部に住所といった個人情報が含まれていた。

留守番電話のカセットテープが正しくセットされていなかったのが原因だという。同事務所では今回の事故を受け、相談者本人に対して事情を説明し、謝罪した。

総務省
http://www.soumu.go.jp/

(Security NEXT - 2009/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に