Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

薬事日報、サイト改ざんによるウイルス感染について詳細を公表 - 一部感染報告も

薬事日報社は、同社ウェブサイトが改ざんされた問題で、閲覧により感染する可能性があったウイルスについて詳細を明らかにした。

同社によれば、問題のウイルスへ感染した場合、「sqlsodbc.chm」が改変されるほか、「Internet Explorer」が不安定になったり、コマンドプロンプトやレジストリエディタが起動できなくなる。またFTP通信の監視、ウェブサーバの改ざんといった症状が見られるが、セキュリティベンダーによる正式名称など確認できていないという。

ウェブサイトが改ざんされていた期間中にアクセスしたユーザーの一部から、ウイルス対策ソフトが検出して感染を未然に防いだとの情報が同社へ寄せられる一方、感染した可能性があるとの報告も23日の時点で2件あった。

同社では、問題の期間にウェブサイトを閲覧した利用者に対し、複数のウイルススキャナを適用するなど、対策を実施するよう呼びかけている。

薬事日報社
http://www.yakuji.co.jp/

(Security NEXT - 2009/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
機密文書の廃棄サービス、テレワーク環境にも対応 - ヤマト運輸
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
旧サーバが改ざん、偽通販サイトを設置される - 江東区健康スポーツ公社
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市
「Switch」が大幅割引とだます任天堂の偽サイトに注意