Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性を解消した「Mac OS X 10.5.5」を公開 - アップル

アップルは、Mac OS Xにおける複数の脆弱性を解消したアップデートを公開した。解消した脆弱性は30件以上にのぼる。

脆弱性が見つかったのは、「Mac OS X 10.5.4」「同10.4.11」で、それ以前のバージョンやサーバ向けOSについても影響を受ける。同社ではこれら脆弱性を解消する「Mac OS X 10.5.5」「Apple Security Update 2008-006」を公開している。

細工されたフォントを含むファイルを開いた際に任意のコードが実行される「ATS」の脆弱性やファインダにおけるサービス妨害、OpenSSHの複数の脆弱性のほか、権限の昇格やDNSキャッシュポイズニングといった問題など解決された脆弱性30件以上に上っている。

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2008/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
情報学の教科書入荷メールで誤送信 - 北大生協
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘