Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報がWinnyによりインターネットへ流出 - 近鉄百貨店

近鉄百貨店の顧客情報が、ファイル共有ソフトを通じてインターネット上に流出したことがわかった。

同社外商部の男性が、私用パソコンを利用した際、インストールされていたファイル共有ソフト「Winny」を通じてインターネット上へ流出したもので、外部の指摘により事故が発覚した。

今回の事故により、住所や氏名など、2006年当時に持ち帰った顧客の個人情報1107人分が流出したと見られている。

(Security NEXT - 2008/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース