Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公文書公開時に個人情報含む事務処理用リストを誤って提供 - 福岡市

福岡市建設局は、個人の氏名109人分が記載された非公開のリストを、公開請求者2人に誤って提供していたことを明らかにした。

誤って請求者に提供したのは、情報公開請求あたり作成した事務処理用のチェックリスト。建設工事に関する届出書の届出者および解体業者109人の氏名が記載されていた。2007年12月までは、同リストには情報公開請求の受付日と受付番号のみを記載していたが、2008年1月の担当者変更後、誤って届出者の氏名などを記載していたという。

1月25日に行われた2件の公文書公開において誤って提供。さらに同月30日に同様の請求があったが、2月6日に情報公開室の指摘により判明したという。同リストはすでに回収済みで、同市では対象となる関係者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性