Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

成績情報保存したPCを教員が電車内に置き忘れ - 電通大

電気通信大学は、学生の個人情報を保存したパソコンを、同大教員が電車内に置き忘れ、紛失したと発表した。

1月6日に同パソコンが入った鞄を電車内に置き忘れたもので、所在が不明となっているパソコンには、2000年度から2007年度に同教員が担当した講義を受講した学生の氏名、学籍番号、レポートの成績など1047件が保存されていた。データは暗号化が実施されているという。

同大学では、関連する学生や卒業生に対し、個別に文書を送付して説明と謝罪をした。同大学では個人情報の外部持ち出しは原則禁止とされているが、今後は再発防止に向けてルールの周知徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2008/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因