Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小包や書留の配達証など約9万8000枚を紛失 - 郵便事業

郵便事業は、書留郵便物や小包郵便物の配達証、および取扱局控えなど約9万8000枚の紛失が判明したと発表した。誤廃棄の可能性が高いと説明している。

所在が不明となっているのは、2007年7月から8月分にかけて近畿支社左京支店で取り扱った書留郵便物や小包郵便物の配達証、同年7月分の取扱局控えなど約9万8000枚。受取人と差出人の氏名、住所、電話番号などが記載されている。

顧客から配達状況の照会を受けて調査したところ、書類の紛失が判明。9月19日に不要品の廃棄処分を行った際、誤って保管期限満了前に処分した可能性が高いという。関連する郵便物について、配達状況は確認できるものの、書留郵便において配達証明が行えないなど影響が出ているという。

同社の前身である日本郵政公社では、9月に約1443万件におよぶ個人情報紛失事故を+9月に発表したばかり。総務省は紛失事故を受け、民営化直前となる9月末に厳重注意を行っている。

(Security NEXT - 2007/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー