Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MFCライブラリにバッファオーバーフローの脆弱性 - Windowsや多数アプリに影響か

Visual C++用クラスライブラリ「MFCライブラリ」の一部関数に脆弱性が見つかった。Windowsをはじめ、多くのアプリケーションに影響を及ぼしそうだ。

Visual C++用クラスライブラリ「Microsoft Foundation Classライブラリ」内の「FindFile()」関数に、ヒープバッファオーバーフローの脆弱性が見つかったもの。JVNによれば、「MFC 42ライブラリ」および「MFC 71ライブラリ」を利用しているアプリケーションが、攻撃を受けた場合、任意のコードが実行されたり、DoS攻撃を受けるおそれがあるという。

問題の関数が、ファイル検索に利用されていることから、WindowsやMicrosoft Visual Studioのほか、多くのアプリケーションで利用されている可能性がある。現時点で対策方法は公開されていない。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

JVN
http://jvn.jp/

(Security NEXT - 2007/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 「クリティカル」含む脆弱性26件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性19件を修正
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
「dアカウント」の奪取狙う「偽NTTドコモ」のフィッシング攻撃に注意
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正