Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特許庁の知財活動調査で個人情報などが流出

特許庁の業務委託先において、宛名の印字ミスにより個人情報が流出する事故が発生した。

特許庁が毎年実施している「知的財産活動に関する調査」における調査対象者の一部が流出したもの。調査は、JFEテクノリサーチが請け負い、特許や商標などを複数出願した実績がある法人をはじめ、個人、公的研究機関へ調査票を送付、回収して取りまとめているが、事前通知のはがきを送付した際に、676件について本来の受取人と異なる住所に送付し、個人情報などが漏洩した。

外部の指摘により事故が判明し、同社は8月28日に同庁へ報告。同庁は、同社に対して誤送付したはがきの回収や謝罪などの対応、原因究明、再発防止策の報告を求めた。

誤送付の原因は、ラベル印刷のデータを作成する際、データ修正においてミスが発生したもので、気が付かずそのまま投かんしてしまったという。同社ではデータのチェック体制を強化するなど再発防止対策を進める。

特許庁
http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

JFEテクノリサーチ
http://www.jfe-tec.co.jp/

(Security NEXT - 2007/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能