Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が記載された文書の誤送付や紛失などを公表 - 大阪社会保険事務局

大阪社会保険事務局が所管する社会保険事務所において、個人情報含む文書の誤送付や紛失など複数の事故が発生している。

八尾社会保険事務所では、年金記録確認の届け出た被保険者に対し、誤って別人の年金記録を送付する事故が発生。また貝塚社会保険事務所においても、国民年金保険料前納納付書を送付する際、誤って別人の納付書を送付した。いずれも本人からの連絡で判明したという。

さらに貝塚社会保険事務所では、2006年11月に金融機関から送付された「国民年金保険料口座振替依頼書」4件の紛失が判明したほか、基礎年金番号の入力ミスなども明らかになったという。

また淀川社会保険事務所では、2006年10月に届け出のあった29件の国民年金保険料免除申請書などがほかの書類の中に紛れ込み、事務処理が行われていなかったことが判明した。

いずれも事務処理や書類管理の際の人為的ミスが原因だという。同局では、関係者に事情説明し、職員に再発防止を指示するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2007/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇