Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手形や小切手約3万2000枚の画像を記録したマイクロフィルムを紛失 - 名古屋銀行

名古屋銀行は、顧客から預かった手形や小切手3万2057枚が記録されたマイクロフィルムを紛失したと発表した。廃棄書類とともに、誤って処分した可能性が高いとしている。

所在不明となっているのは、川原通支店が扱った2000年4月から2004年3月までの交換持出用マイクロフィルムで、顧客から預かった手形や小切手3万2057枚分の画像が記録されていた。画像には、振出人、受取人、裏書人の氏名および住所、金額、期日など個人情報が含まれる。

5月7日に、同支店において過去の受入手形などの調査を行った際に判明。その後の調査で、2005年7月に不要書類を廃棄した際、誤って処分した可能性が高いことがわかったとして、外部へ流出したおそれは低いと同行では結論付けている。

(Security NEXT - 2007/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出