Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手形や小切手約3万2000枚の画像を記録したマイクロフィルムを紛失 - 名古屋銀行

名古屋銀行は、顧客から預かった手形や小切手3万2057枚が記録されたマイクロフィルムを紛失したと発表した。廃棄書類とともに、誤って処分した可能性が高いとしている。

所在不明となっているのは、川原通支店が扱った2000年4月から2004年3月までの交換持出用マイクロフィルムで、顧客から預かった手形や小切手3万2057枚分の画像が記録されていた。画像には、振出人、受取人、裏書人の氏名および住所、金額、期日など個人情報が含まれる。

5月7日に、同支店において過去の受入手形などの調査を行った際に判明。その後の調査で、2005年7月に不要書類を廃棄した際、誤って処分した可能性が高いことがわかったとして、外部へ流出したおそれは低いと同行では結論付けている。

(Security NEXT - 2007/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX