Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手形や小切手約3万2000枚の画像を記録したマイクロフィルムを紛失 - 名古屋銀行

名古屋銀行は、顧客から預かった手形や小切手3万2057枚が記録されたマイクロフィルムを紛失したと発表した。廃棄書類とともに、誤って処分した可能性が高いとしている。

所在不明となっているのは、川原通支店が扱った2000年4月から2004年3月までの交換持出用マイクロフィルムで、顧客から預かった手形や小切手3万2057枚分の画像が記録されていた。画像には、振出人、受取人、裏書人の氏名および住所、金額、期日など個人情報が含まれる。

5月7日に、同支店において過去の受入手形などの調査を行った際に判明。その後の調査で、2005年7月に不要書類を廃棄した際、誤って処分した可能性が高いことがわかったとして、外部へ流出したおそれは低いと同行では結論付けている。

(Security NEXT - 2007/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開