Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報約200件がWinny流出 - 福山市民病院

広島県の福山市民病院において、患者の個人情報がネット上に流出していることがわかった。

流出したのは患者約200名の個人情報で、7月3日に流出を指摘する連絡があり判明した。同病院に勤務する医師が6月28日に開かれた研究会の発表に利用したもので、データを保存していた医師の自宅パソコンへインストールされていたWinnyを通じて外部へ流出したと見られている。

(Security NEXT - 2007/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院